メイン画像

GPS/GNSSシンポジウム2022

測位航法学会主催 「GPS/GNSSシンポジウム2022」は会場の予約の関係で 今年もオンライン(Zoom) の実施となります。開催日程は10月19日(水)~10月21日(金)です。最新の研究発表・様々な分野での応用実施など各セッションに反映されていますので 皆様どうぞご参加ください。19日は「GNSSの現状と将来」と題したシンポジウムセッション、20日はインドア・シームレスセッション、21日はビギナーズセッション・研究発表会の予定で開催します。また開催前日18日には 測位航法学会後援の「xDRワークショップ」が開催されますのでご参照ください。そして 10/22(土)には「ロボットカーコンテスト2022」開催されます。

シンポジウムの詳細が決まり次第随時お知らせ致します。参加申込は事前登録制です。こちらから登録して 皆様奮ってご参加ください。

*************************************************************************************************************

目 次

🔹 開催概要

🔹 日程・スケジュール概要

🔹 シンポジウムプログラム (シンポジウム講演会・研究発表会・スポンサー企業紹介)

🔹 参加費

🔹 支払方法と期限

🔹 スポンサー企業

🔹 協賛団体紹介

開催概要

🔹会 場:Zoom会議室

🔹日 程:2022年10月19日(水)~10月21日(金)

🔹主 催:一般社団法人 測位航法学会

🔹共 催:公益社団法人 日本航海学会 GPS/GNSS研究会

🔹参加申込:事前登録制

🔹参加登録:登録フォームはこちらから。どうぞ登録してください。

🔹参加費:会員は無料  参加費の詳細は下記に記します。

🔹参加登録申込締切:10月17日(月)

🔹「入会手続き中」の方は 2022年10月15日(土)までに入会申請手続きをお済ませください。

🔹測位航法学会のご入会手続きはこちらからお願い致します。

🔹シンポジウムテキスト:デジタル版  参加登録フォームから購入申込み出来ます。シンポジウムテキストを購入された方にはダウンロード元アドレスをお送りします。

🔹法人会員様と特別法人会員様は学会登録された方を会員と致します。

🔹(一社)測位航法学会会員と(公社)日本航海学会 GPS/GNSS研究会メンバーを会員扱いと致します。

🔹「GPS/GNSSシンポジウム2022」On Line の後援・研究発表会において録音・録画を認めておりません。ダウンロード資料のコピー・プリントも禁止します。

🔹「GPS/GNSSシンポジウム2022」On Lineの内容の商用利用は認められません。

🔹スポンサー申込締切:2022年10月4日(火)申込はE-mail にて事務局までお願い致します。事務局:jimukyoku@gnss-pnt.org

日程・スケジュール概要

10/19(水)

スポンサー企業説明会

シンポジウム講演会「GNSSの現状と将来」

10/20(木) シンポジウム講演会「インドアシームレス測位技術の現状」「GNSS受信機の最新動向」「補強システム・耐妨害技術」「GNSS応用技術の紹介」「パネルディスカッション」
10/21(金) ビギナーズセッション・研究発表会
10/22(土) ロボットカーコンテスト

シンポジウムプログラム

🔹以下 敬称を略させて頂きます。ご了承ください。

10月19日(水)

午前:スポンサー企業の事業紹介等

午後:シンポジウム講演会

  1. GNSSの現状と将来

      座長:小暮  聡(宇宙航空研究開発機構)

   1.1 準天頂衛星システムの最新状況 / 岸本統久(内閣府準天頂衛星システム戦略室) 

10月20日(木)

シンポジウム講演会 

  2. インドア・シームレス測位技術の現状 

    座長:中川雅史(芝浦工業大学)

   2.1 QBICアンケートに見られる屋内測位、シームレス測位の要望 / 曽根久雄(宇宙システム開発利用推進機構)

   2.2 PDRベンチマーク標準化委員会活動とxDRワークショップの概要 / 蔵田武志(産業技術総合研究所)

   2.3 高精度屋内位置測位システムZerokey実証実験報告 / 中村将之(株式会社ネクスティ エレクトロニクス)

   2.4 VENUE Product Introduction: ヒト,モノと動力車の屋内位置測位 / 山澤竜也(インベンセンス合同会社)

  3. GNSS受信機の最新動向 

     座長:細井幹広(アイサンテクノロジー株式会社)

   3.1 CLAS受信機の動向 / 松岡  繁(宇宙システム開発利用推進機構)

   3.2  新MADOCA対応受信機Cohac∞ Ten+とCLAS対応ドローンChronoSky PF2 / 山本享弘(コア株式会社)

   3.3 Google Smartphone Decimeter Challengeの概要と結果報告 / 鈴木太郎(千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター)

   3.4 時刻同期用GNSS受信機のご紹介  – 2周波受信機が普及フェーズに – / 酒井暢之(古野電気株式会社)

   3.5 2017年以降のGalileo受信対応スマートフォンにおけるGNSS 2周波受信対応機種数と対応比率の経緯について/ 高橋冨士信(横浜国立大学)

  4. 補強システム・ 耐妨害技術

     座長:坂井丈泰(電子航法研究所)

           座長:久保信明(東京海洋大学)

  5. GNSS応用技術の紹介

     座長:喜多充成(科学技術ライター)

   5.1 ソフトバンク独自基準点データの宇宙地球科学用途利活用コンソーシアムの構築 / 太田雄策(東北大学)

   5.2 Lora-GNSSトラッカーと地域産業振興への取り組み / 内海康雄(舞鶴工業高等専門学校)・鈴木直康(AMATERAS)

   5.3 GNSS高精度時刻同期によるFM-SFNの開発 / 河野憲治(日本通信機株式会社)

   5.4 土木情報学におけるGNSSの新たな役割と技術資料のオープン化 / 木谷友哉(静岡大学)

  6. パネルディスカッション

10月21日(金)

研究発表会・ビギナーズセッション

🔹プログラムは決まり次第掲載致します。しばらくお待ちください。

「GPS/GNSSシンポジウム2022」では日頃の様々な取り組み、調査研究・活動等に関して研究発表の発表者を広く募集いたします。
次世代の研究を支える学生の発表を支援するために、学生による優秀な研究発表には「学生最優秀研究発表賞」を設けて表彰いたします。皆様、奮ってご発表ください。

 開催日 2022年10月21日(金)
 開催時間 決まり次第掲載します
 開催場所 Zoom会議室
 プログラム 決まり次第掲載します
 発表時間

ビギナーズセッション:発表時間8分・質疑応答2分(変更の可能性あり)

研究発表会:発表時間15分・質疑応答5分(変更の可能性あり)

 参加登録方法 事前登録制。参加登録フォームからお申し込みください。1回の参加登録で「研究発表会の発表」「講演会聴講」の参加登録ができます。
 研究発表登録締切 2022年10月3日(月)
 予稿提出締切 2022年10月7日(金)
 参加費

正会員・学生会員 無料

(非会員 ¥2,000- 学生非会員 ¥1,000-)

 支払方法

下記「支払方法と期限」を参照

予稿提出要領

提出締切日:10月7日(金)

提出先:測位航法学会事務局 jimukyoku@gnss-pnt.org

A4・1 枚  PDF 電子ファイルで提出してください。
詳しくはテンプレートに従ってください。 Wordテンプレート
ご提出いただいた予稿(PDFファイル)は測位航法学会ホームページ「シンポジウム」のプログラムに掲載いたしますので、予めご承知置き下さい。

参加費

会員 会員学生 非会員 非会員学生

シンポジウム講演会参加費

無料 無料 2000円 1000円

研究発表会 発表者

無料 無料 2000円 1000円

研究発表会 聴講者

無料 無料 2000円 1000円
シンポジウムテキスト 2000円 1000円 3000円 1500円

🔹測位航法学会会員・日本航海学会 GPS/GNSS研究会メンバーは会員扱いにします。

🔹デジタルシンポジウムテキスト:シンポジウム講演会の発表資料と研究発表会の予稿集です。

支払方法と期限

🔹クレジットカード決済(BASE)

こちらのページよりお手続きをお願いします(ネットショップ使用可能となりました)。

🔹銀行振込

振込人名義の前に受付番号の入力をお願いします。

  • 銀行名    三菱UFJ銀行 深川支店
  • 預金種別  普通預金
  • 口座番号  0050119
  • 口座名義  ジーピーエス ジーエヌエスエス シンポジウム

🔹郵便振替

振込用紙備考欄に受付番号の入力をお願いします。

  • 口座記号番号  00140-6-764127
  • 口座名義    一般社団法人 測位航法学会

🔹振込名義

参加登録者名と振込名義が異なる場合は入金確認ができませんので、登録フォームの備考欄にてご連絡ください。

🔹請求書・領収書について

請求書・領収書が必要な場合には参加登録フォーム備考欄でお知らせください。

🔹振込期限2022年10月18日(火)

スポンサー企業 (受付順です)

🔹アイサンテクノロジー株式会社

🔹VBOX JAPAN株式会社

🔹株式会社アムテックス

🔹イネーブラー株式会社

協賛団体紹介 (受付順です)

🔹海洋調査技術学会

🔹公益社団法人 日本船舶海洋工学会

🔹一般社団法人 日本航空宇宙学会

🔹特定非営利活動法人 ITSジャパン

🔹一般社団法人 地理情報システム学会

🔹日本海洋学会

🔹一般社団法人 情報処理学会

🔹一般財団法人 宇宙システム開発利用推進機構

🔹公益社団法人 日本地理学会

🔹日本地図学会

🔹公益社団法人 農業農村工学会

🔹公益社団法人 土木学会

🔹公益社団法人 日本地震学会

トップへ戻るボタン