メイン画像

セミナー参加募集

セミナー① 初心者向けGNSS入門講座

講師:久保信明氏(東京海洋大学)
定員40名
5月15日 (水) 9:30~12:30 13:30~16:30
参加費:正会員7,000円、学生会員4,000円、下記教材付き。すでにお持ちの方は1,000円引き。当日お持ちください。
「図解よくわかる 衛星測位と位置情報」日刊工業新聞社刊

内容

講義と簡単な実習を交えることにより、衛星測位の仕組みと日本のみちびきや位置情報の利用アプリケーションについて、できるだけ平易に説明します。衛星測位は様々な学問をベースにしており、何か1つの科目で表現できるものではありません。午後の途中より、衛星測位の基本である、単独測位演算について自分の手を動かしながら、衛星位置と受信機から出力される距離情報を用いて、どのように位置が求まっていくのかを確認して頂きます。

◇要ノートパソコン持参

WindowsのノートPCを用意ください。ワードやエクセルを利用できるものであれば問題ありません。実習に使うプログラム及びデータはセミナー当日USBメモリまたはWiFi経由サーバからのダウンロードで配布しますので事前に特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。

午前9:30~12:30
  • 衛星測位の基本
  • 衛星の役割
  • 受信機の役割
  • 位置を表現する座標系
  • 様々な誤差要因
  • 精度を高める手法
午後13:30~16:30
  • 日本の準天頂衛星「みちびき」
  • 位置情報の利活用
  • 単独測位演算の実際(エクセルで手を動かして演算過程を確認しましょう)
  • 補正データを入力すると精度がどう変わる(DGNSS)?
  • カルマンフィルタと使うとどう変わるか?

セミナー② RTKおよびPPP技術の基礎と実習

講師:高須知二氏(東京海洋大学)
定員40名
5月15日(水) 9:30~12:30 13:30~16:30
参加費:正会員6,000円、学生会員3,000円

内容

GNSSによる代表的な精密測位技術であるRTK (real-time kinematic) およびPPP (precise point positioning) について、講義と実習を交えて基礎的な知識を習得する。実習ではu-blox社の最新多周波受信機であるZED-F9Pを貸与し、RTKLIBを組み合わせて、その原理と実際の操作を学ぶ。

◇要ノートパソコン持参

GNSS測位に関して基礎的な知識を有している方を対象とします。実習に使用するため、Windows 7, 8, または10のノートPCを持参ください。実習に使うプログラムやデータは、当日インターネット経由でダウンロードして頂きますので、事前準備はありません。

  1. GNSSによる精密測位技術の基礎
  2. RTKの原理
  3. RTKの実習
  4. PPPの原理
  5. PPPの実習
  6. RTKおよびPPPの応用、その拡張 (CLAS)

セミナー③GNSS信号処理概要とSDRによる測位実習

講師:鈴木太郎氏(千葉工業大学)
定員40名
5月16日(木)9:30~12:30 
参加費:正会員3,000円、学生会員1,500円

内容

GNSSの測位原理,信号の構造,信号処理の概要を学ぶ.本セミナーでは,GNSSアンテナ,SDRフロントエンドを貸与し,ソフトウェアGNSS受信機を用いて,実際のGNSS信号の追尾,測位を体験する.

  1. GNSSによる測位の原理
  2. GNSS信号の概要
  3. GNSS信号処理の概要
  4. ソフトウェアGNSS受信機
  5. フロントエンド,システム構成
  6. SDRによる測位実験

◇要ノートパソコン持参

以下の条件を満たすノートPCを用意ください。
(1) OSはWindows 7、8, 10
(2) WiFi経由でインターネット接続が可能なこと。
実習に使うプログラム及びデータはセミナー当日USBメモリまたはWiFi経由サーバからのダウンロードで配布しますので,事前に特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。

セミナー④ 衛星測位と地図情報

講師:細井幹広氏(アイサンテクノロジー)
5月16日(木)13:30~16:00
参加費:正会員2,000円、学生会員1,000円

内容

高精度なGNSSによる測位結果を、正しく地図空間情報上で利用するために必要な基礎知識を習得する。準天頂衛星「みちびき」のサービス開始に伴い、センチメートル級の精度で位置を知る事が可能な社会が実現しようとしている。しかし正しい位置であっても、地図上の位置とズレが生じます。これは地図で用いられている測地座標系と衛星測位の座標系が異なるためです。
本セミナーでは位置を表現する仕組みを理解し、どのような手法で位置のズレ問題を解決するかを説明します。

  • 位置を表す仕組み
  • 衛星測位と地図情報の位置のズレ
  • 座標変換による位置の整合
  • 位置の品質評価

注意:セミナー①②は5月15日の並列開催なので、いずれかしか受講できません。③④は5月16日の午前と午後なので両方受講可能です。

セミナー開催概要

開催日 2019年 5月15日(水)・16日(木)
※セミナー①②はどちらかをご選択ください。
開催時間 9:30~16:30 (予定) 
場所 東京海洋大学 越中島キャンパス
参加申込方法 全国大会の参加登録フォームからお申込みください。詳細はこちらです。
参加締切日 2019年 5月 7日 (火)
※但し、定員に達した場合はその時点で締め切ります。
参加費用  詳細は全国大会トップをご覧ください
支払方法 参加登録・お支払いのページをご覧ください
Copyright © 測位航法学会
トップへ戻るボタン