メイン画像

プログラム

GPS/GNSSシンポジウム2020プログラム概要

日 時:10月28日(水)~31日(土)

会 場:Zoom会議室

事前登録制・締切り10月15日(木)

  (会員は参加費無料)登録はこちらから。

デジタルテキスト刊行(有料)

(以下 敬称を略させて頂きます。)

以下 講演者は確定(一部未定)していますが 演題は仮題または未定です。

***********************************************************************

10月28日(水)

午前:スポンサー企業の事業紹介等

                                            座長:細井幹広(アイサンテクノロジー㈱)

午後:セッション1.  GNSSの現状と将来構想  各30分(20分+10分)

                              座長:三神  泉((一財)衛星測位利用推進センター(SPAC))

1.1 QZSS: 小暮 聡(内閣府)

1.2 次世代高精度衛星測位システム: 河野  功(宇宙航空研究開発機構(JAXA))

1.3 GPSの現状と将来動向: 穴井誠二(衛星測位システム協議会 (JGPSC))

GLONASS/NavICBeiDouに付きましては調整中です。

10月29日(木)  0900~

午前前半:セッション2.  インドア・シームレス測位 各20分(15分+5分)

                           座長:牧野秀夫(新潟大学名誉教授)

2.1 トンネル内測位: Joel Korsakissok  (Syntony社)

2.2 IPIN2020屋内測位競技会: 一刈良介(産業技術総合研究所)

2.3 IPINT: 石井  真(イネーブラー㈱)

午前後半:セッション3.  GNSS受信機の状況  各20分(15分+5分)

                  座長:松岡 繁((一財)衛星測位利用推進センター(SPAC))

3.1 仲 哲周(ユーブロックスジャパン㈱)

3.2 叶谷晋利(三菱電機㈱)

3.3 最上谷 真仁(㈱コア)

3.4 仲野健一(ソニー㈱)

3.5 鈴木太郎(千葉工業大学) ソフトウェア受信機

午後前半:セッション4.  衛星系測位補強システム 各20分(15分+5分)

                        座長:福島荘之介(電子航法研究所)

4.1 SBAS: 坂井丈泰(電子航法研究所)(MSASをはじめ、各国のSBASを対象とする)

4.2 MADOCA: 柿本英司(グローバル測位サービス㈱)

4.3 SLAS: 金田知剛(日本電気㈱)

4.4 CLAS: 未定(三菱電機㈱)

4.5 CLAS独立評価結果: 北村光教(電子航法研究所)

午後後半:セッション5.  測位補強・応用システム    各20分(15分+5分)

                     座長:喜多充成(科学技術ライター)

5.1 測位インフラとしてのGEONET: 宮原 伐折羅(国土地理院)

5.2 CLAS/小型ボート操船: 山本 茂(ニュージャパンマリン九州㈱)

5.3 SLAS物流支援: 若松範之(㈱エクスプローラ)

5.4 ICT建機: 高橋純一(㈱コマツ)

5.5 土量解析: 田中一博(日立建機㈱)

6.  特別セッション  (40分+20分)

  「COCOAが教える測位応用の未来像(仮)」

     坂下哲也((一財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)常務理事)

10月30日(金)

・研究発表会(募集中・参加登録期限9月30日)

・ビギナーズセッション・発表会(募集中・参加登録期限9月30日)

・GNSSサマースクール 参加者の近況報告セッション

10月31日(土)

ロボットカーコンテスト審査会

***************************************************************************

Copyright © 測位航法学会
トップへ戻るボタン