メイン画像

On Line セミナー参加募集

セミナー① GPS/GNSSの基礎と高精度測位技術

講師:坂井丈泰氏(電子航法研究所)
7月15日 (水) 9:30~12:30 13:30~16:30
参加費:無料
内容:

GPSに代表される衛星航法システムについて、基本的な仕組みから利用方法、誤差の要因とその対策、測位精度の向上技術について入門者向けに講義する。本講義により必要な知識を身につけて、自身の応用分野にあわせて検討・判断できるようになられたい。GPSと類似のシステムを各国も整備しているところであり、日本が運用を始めた準天頂衛星システム(みちびき)についても概要を紹介する。

(1) 衛星航法の基礎:衛星航法システム・人工衛星による位置の測定・測地系・標高

(2) 測位精度の向上:測位誤差の要因・受信機技術・複数周波数の利用・複数システムの利用

(3) ディファレンシャル補正:ディファレンシャル補正の仕組み・広域ディファレンシャル補正・複数周波数・複数システムの利用・搬送波位相の利用・RTK-GPS・ネットワークRTKPPP

(4) 準天頂衛星システム(QZSS=みちびき):準天頂衛星システムの概要・準天頂衛星システムのサービス・現状と今後の見通し・各国の衛星航法システム

対象:

・GNSSに関心のある学生、関連機器の企画・開発をしようとする技術者。

・GNSSの応用サービスの企画・開発をしようとする企業や自治体等の担当者。

セミナー② RTKおよびPPP技術の応用と実習

講師:高須知二氏(東京海洋大学)
7月16日(木) 9:30~12:30 13:30~16:30
参加費:無料

内容:

GNSSによる代表的な精密測位技術であるRTK (real-time kinematic) およびPPP (precise point positioning) について、講義と実習を交えてその応用知識を習得する。RTKとPPPの実習に関しては、事前に用意したサンプルデータを使いRTKLIBの具体的な操作を学ぶ。

 (1) RTK/PPKの応用

 (2) RTK/PPKの実習

 (3) PPPの応用

 (4) PPPの実習

 (5) CLAS/MADOCA-PPPの応用

 (PPK: post processing kinematic)

対象:RTKまたはPPPの基礎知識を有し、RTKLIBの基本的な操作に習熟している方。過去、測位航法学会の関連セミナーまたは同等セミナーの受講経験がある方が望ましい。

セミナー開催概要

開催日 2020年 7月15日(水)セミナー①
     7月16日(木)セミナー②
開催時間 9:30~16:30(予定) 途中ブレイク有り  12:30~13:30 休憩 
場所 On Line
参加申込方法 こちらからお申込み下さい。2020年7月11日 締め切りました。
参加締切日 2020年 7月11日(土)23:59 
※但し、会員登録は2020年7月10日迄に済むようにお願い致します。
参加費用  無料
参加者 会員限定

Copyright © 測位航法学会
トップへ戻るボタン