セミナー参加募集  

セミナー@ GNSS受信機の概要とSDRによるGNSS信号処理体験

16日、17日 講師: 荒井 修氏(AAI-GNSS技術士事務所)

17日 講師: 鈴木太郎氏(早稲田大学)

17日は、要ノートパソコン持参

以下の条件を満たすノートPCを用意ください。

(1) OSはWindows XP, Vista, 7、8, または8.1、10
(2) メモリ 2GB以上
(3) ディスク空き容量 4GB以上
(4) WiFi経由でインターネット接続が可能なこと。

実習に使うプログラム及びデータはセミナー当日USBメモリま
たはWiFi経由サーバからのダウンロードで配布しますので事
前に特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。


5/16 (水) 9:30-12:30
(1) GNSSによる測位の原理
 ・時刻の観測と測位
 ・М系列符号
 ・航法メッセージ

5/16 (水) 13:30-16:30
(2) 精密測位に必須の搬送波位相
(3) GPS、QZSSの信号
(4) 受信機RF部

5/17 (木) 9:30-12:30
(5) 信号処理回路及びソフトウェア
(6) 擬似距離及び搬送波位相の観測

5/17 (木) 13:30-16:30
(7) SDRによるGNSS信号処理概要
(8) フロントエンド、システム構成
(9) GNSSによる測位実験

セミナーA「RTKによるセンチメータ級測位技術の基礎と応用」

講師:高須知二氏(東京海洋大学)

5/16(水) 9:30-16:30 (1日コース:定員オーバーの場合は17日に移動して頂くことがあります。)
内容
講義と実習を交互に交えることにより、GNSS測位の仕組みから、RTKの歴史や原理までを容易に理解できる様に解説する。実習では、RTKLIBを題材にして、RTKLIBの使い方、受信機の接続操作手順を学ぶ。まとめとして、より高度なRTK応用と、QZSSおよび最新GNSS技術の動向についても紹介する。

1 GNSS測位の仕組み
2 GNSS受信機を使ってみよう
3 RTKの原理
4 RTKLIBを使ってみよう
5 RTKおよびGNSS測位の応用

要ノートパソコン持参

以下の条件を満たすノートPCを用意ください。

(1) OSはWindows XP, Vista, 7、8, または8.1、10
(2) メモリ 2GB以上
(3) ディスク空き容量 4GB以上
(4) WiFi経由でインターネット接続が可能なこと。

実習に使うプログラム及びデータはセミナー当日USBメモリま
たはWiFi経由サーバからのダウンロードで配布しますので事
前に特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。


セミナー開催概要 

開催日

2018年 5月16日(水)・17日(木)
※セミナー@は二日連続で開催いたします。

開催時間 9:30〜16:30 (予定) 
場所 東京海洋大学 越中島キャンパス
参加申込方法

全国大会の参加登録フォームからお申込みください。詳細はこちらです。

参加締切日

2018年 5月 7日 (月)

※但し、定員に達した場合はその時点で締め切ります。

参加費用  測位航法学会 正会員    ¥10,000
       学生会員   ¥5,000

詳細は参加費のページをご覧ください
支払方法

お支払のページをご覧ください