4月25日(金) 研究発表会プログラム

学生による優秀な研究発表には 「学生最優秀研究発表賞」を設けて表彰いたします。

第一会場

チェアマン : 鈴木 太郎 (東京海洋大学) 
時間 題目 著者 所属
10:00-
10:20
地球温暖化は地球自転の永年減速が原因か 小野 房吉 元海上保安庁
10:20-
10:40
安価なGPSモジュールを用いたGPSロボットカーの動作検証 入江 博樹 熊本高等専門学校
賞

学生最優秀研究発表賞

衛星測位に用いる低コスト受信機の評価

塙 和広 茨城工業高等専門学校
11:00-
11:20
衛星航法による航空機着陸システムと
PPD(個人用保護デバイス)の干渉実験
福島 荘之介 電子航法研究所
11:20-
11:40
汐路丸のGPS障害に関する研究 菊地 錬 東京海洋大学大学院 情報通信工学研究室
11:40-
12:40
Lunch
チェアマン : 久保 信明 (東京海洋大学) 
12:40-
13:00
ソフトウェア測位システムアプリケーションの開発 最上谷 真仁 株式会社コア
13:00-
13:20
超小型原子時計CSACを基準周波数に用いたソフトウェアGPS受信機による測位実験 久家 祥平 横浜国立大学工学府
13:20-
13:40
GNSS-SDRLIB: オープンソースGNSSソフトウェア受信機によるマルチGNSS測位 鈴木 太郎 東京海洋大学
13:40-
14:00
指向性GNSSアンテナの試作 細井 幹広 アイサンテクノロジー
14:00-14:20 Break
チェアマン : 高須 知二 (東京海洋大学) 
14:20-
14:40
マルチGNSSによる電離圏電子数観測のための電子密度分布モデルに関する研究 衣笠 菜月 横浜国立大学
14:40-
15:00
観測船搭載GNSSによる水蒸気解析実験 小司 禎教 気象研究所
15:00-
15:20
広域地殻変動解析における計算手法の比較検討 山田 英輝 日立造船株式会社
15:20-15:40 精密単独測位―準天頂衛星におけるSSRの活用 浅里 幸起 一般財団法人 衛星測位利用推進センター
15:40-
16:00
実験船における東京湾での単独搬送波位相測位の実験結果について 久保 信明 東京海洋大学

第二会場

時間 題目 著者 所属
チェアマン : 北條晴正 (センサコム)
9:40-
10:00
IMES歩行測位に関する小考察 浪江 宏宗 防衛省 防衛大学校
10:00-10:20 ハイエンド1 周波GNSS 受信機におけるRTK 測位の評価 和賀 祥吾 茨城工業高等専門学校
賞

学生最優秀研究発表賞

準天頂衛星を利用した都市部環境下における マルチGNSS 複合測位の利用性向上に関する研究

北村 光教 早稲田大学
10:40-
11:00
三次元線路マップを利用するマルチGNSS高信頼列車位置計測アルゴリズムの性能評価 山本 春生 公益財団法人鉄道総合技術研究所
11:00-
11:20
三次元線路マップを利用するマルチGNSS高信頼列車位置計測アルゴリズムの組込みシステム実装 山本 春生 公益財団法人鉄道総合技術研究所
11:20-
11:40
マルチGNSS高信頼列車位置計測における保護レベル計算の検討 山本 春生 公益財団法人鉄道総合技術研究所
11:40-
12:40
Lunch
チェアマン : 入江 博樹 (熊本高等専門学校)
12:40-
13:00
病院受診患者分析とマンションデータマップからみる地域への問題提起 岩場 貴司 リッツ総合研究所(東急不動産株式会社)
13:00-
13:20
地図上における位置方位情報つき画像の位置配列修正法 田中 至道 芝浦工業大学
13:20-
13:40
位置方位つきパノラマ画像を用いた構造物の点検業務支援 小林 珠己 芝浦工業大学
13:40-
14:00
タブレットPCを用いたモバイル砂防点検 山本 達也 芝浦工業大学
14:00-
14:20
Break
チェアマン : 海老沼 拓史 (東京海洋大学)
14:20-
14:40
屋内測位技術と実用化への取り組み 山田 豊 東京海洋大学
14:40-
15:00
GPSやインフラを必要としない屋内測位技術 岩瀬 竜也 豊田中央研究所
15:00-
15:20
屋内移動計測システムを用いたIMES受信機の移動軌跡推定 片岡 恒之輔 芝浦工業大学
15:20-
15:40
非可聴音を用いた屋内測位のための受信機の試作とその評価 村田 翔太郎 神奈川工科大学
15:40-
16:00
IMES環境下での屋内ロボットの移動システムに関する研究 米澤 遼亮 早稲田大学創造理工学研究科菅野重樹研究室