シンポジウム プログラム

 

GPS/GNSSシンポジウム2017 講演プログラム
開催日時:平成29117日(火)〜 9日(木)
会場:東京海洋大学越中島会館

 

GPS/GNSSシンポジウム2017プログラム

‘みちびき’4機体制を間近にして
会期:2017年11月7日(火)〜9日(木)
会場:東京海洋大学越中島会館
併催:GPS/GNSS機器展示会
テーマ講演会
2017年11月7日(火)午前
0900〜1135 セッションI : 準天頂衛星測位システムの現状と動向 座長:滝口純一(三菱電機)
0905-0930 1.1 みちびき(準天頂衛星システム)の最新動向     
坂部真一(準天頂衛星システム戦略室)
0930-0955 1.2 準天頂衛星の紹介                       小淵保幸(MELCO)
0955-1020 1.3 QZSS地上システムの整備および試験サービスの状況    矢野昌邦(NEC宇宙システム)
1020-1045 1.4 QZSSを利用したSBASサービス              田代英明(航空局交通管制部)
1045-1110 1.5 準天頂衛星システムを産業界にご利用いただくための推進事例  神藤英俊(NEC)
1110-1135 1.6 QZSS利用測位の実態・スマホでどこまで迫れるか?     高橋富士信(横浜国大)
1135〜1340 ランチ + ビギナーズ・セッション(ポスター)
11月7日 ポスター・セッション ランチ・タイム前後に説明員
P-01 準天頂衛星補正データを利用したcm級実時間測位            彌富睦未(防衛大学校)
P-02 マルチGNSSマルチ周波数による衛星測位           バーナード・パスコ・バゴリオ (防衛大学校)
P-03ソフトウェア受信機によるGNSSアレーアンテナの指向性操作に関する研究 
米林健太(首都大学東京)
P-04 準天頂衛星みちびきを用いた二周波測位による電離層誤差補正            眞木 亨(防衛大学校)
P-05 富山湾沿岸域における水深別水温計測               渡邊崇央(サレジオ工業高専)
P-06 センサネットワークにおける受信システムの改善と可視化      厨 裕紀(サレジオ工業高専)
P-07 GNSSを用いた瞬時音源到来方向推定可能なシステムの構築         山口 慧(芝浦工大)
P-08 デジタルカメラを用いた小規模橋梁の3D計測における課題整理      西園寺公碩(芝浦工大)
P-09 沈砂池工除石計画のためのマイクロドローン空撮による土石量推定      井草流星(芝浦工大)
P-10 BLE三次元空間測位                                                  西脇 改(防衛大学校)
P-11 シームレス測位可能な自律制御車の製作              西 良介(サレジオ工業高専)
P-12 ウェアラブルセンサ群を用いた屋内シームレス測位と構造物点検挙動分類    佐山諒紘(芝浦工大)
P-13 IndoorGMLへのModifier組込みの検討                     野嵜 陸(芝浦工大)
P-14* Why don't you install GNSS Receiver on Lawn Mower?    八田 大典(東京海洋大学)
P-15* Performance Evaluation of GNSS Simulation using 3D Map in Urban Areas
福田 雄規(東京海洋大学)
P-16* Real-time Monitoring for Structure Deformation
Using Hand-held RTK-GNSS Receivers on the wall    高橋  漱(東京海洋大学)
*テキストに予稿は採録されていません。

2017年11月7日午後
1340〜1550 セッションU
航法の安全−GNSSにどこまで頼り切れるか? 座長:坂井丈泰(電子航法研)
1340-1405 2.1 GNSS Vulnerability and Spirent Solutions  李建新(Spirent Communications)
1405-1430 2.2 GPS Signal Authentication using QZSS    マナンダー・ディネス(東京大学)
1430-1455 2.3 航法のセキュリティをアタックで検証 − ADS-BとGPSのspoofing −  堀合啓一
1455-1520 2.4 海上分野における航法の安全や遭難救助における GNSS利活用の動向 
伊藤英知(総務省)
1520-1545 2.5 無人航空機と航空機運航の融合の可能性について 平林博子(電子航法研究所)

1545〜1600  Break
1600〜1800 セッションV: パネル・ディスカッション
 コーディネータ   測位航法学会 峰 正弥
〇テーマ:測位インフラと地図 〜 どのような相合傘が最適か? 
◇パネリスト:  ・全般              国土地理院   藤原 智氏     
・車関連          ダイナミックマップ基盤(株) 三徳昭弘氏 
・ドローン関連         (株)ゼンリン    藤沢秀幸氏
・農業関連            東京大学    海津 裕氏
・道路関連            NEXCO       中谷 了氏
・端末              SPAC      松岡  繁氏

2017年11月8日(水)午前
0900〜1105 セッションIV : インドア測位 座長:高橋靖宏(NICT
0900-0925 4.1 屋内測位技術を巡る動向と展望                 西尾信彦(立命館大学)
0925-0950 4.2 “IMESプラス”の現状と今後         吉富 進(日本宇宙フォーラム)
0950-1015 4.3 ソリューションとしてのUWB 位置測位            宇田浩一(ユビセンス)
1015-1040 4.4 ICT医療とBeacon等について         高尾洋之(東京慈恵会医科大学)
1040-1105 4.5 国際会議IPIN2017開催報告                     中嶋信生(電通大)
1105-1125 Break

1125-1145 GPS/QZSSロボットカーコンテスト2017実施報告       入江博樹(熊本高専)
1145-1230 電気学会測位技術調査専門委員会セッション: 座長:中川雅史(芝浦工大)
〇屋内外シームレス測位の可能性と技術的課題    中川雅史(芝浦工業大学)他
〇LPWAを用いた沿岸域環境観測の広域化 内村哲也・吉田将司(サレジオ工業高等専門学校)
〇ビギナーによるドローンとGNSSの利活用 八田大典・細見巧・久保信明(東京海洋大学)
2017年11月8日午後前半 
1330〜1535 セッションX ; GNSS測位応用技術  座長:細井幹広(アイサンテクノロジー)
1330-1355 5.1 Satellite Positioning x Automotive Industry   阿部 素士(ボッシュ株式会社)  
1355-1420 5.2 高精度測位の産業活用とIoT                 永瀬 淳(ソフトバンク)
1420-1445 5.3 UAVレーザ【TOKI】の事例発表          水野 洋平(中日本航空株式会社)
1445-1510 5.4 大分川ダムにおけるICT施工の取り組み             宮内 良和(鹿島建設)
1510-1535 5.5 地すべり監視へのGNSS応用商品                 宮原一典(古野電気)
8日午後後半
1545〜1815 セッションY : GNSS受信機技術 座長:松岡 繁(SPAC)
1545-1610 6.1 準天頂衛星の海外利活用に向けて? MADOCA最新状況 ? 
五百竹義勝(グローバル測位サービス)
1610-1635 6.2 GNSS受信機の動向〜最近の実験結果より〜     久保信明(東京海洋大学)
1635-1700 6.3  自動運転に向けた二周波RTK測位エンジンの開発     筒井一尋((株)コア)
1700-1725 6.4 準天頂衛星システムCLAS対応受信機−新型AQLOC紹介− 
曽根 久雄(三菱電機(株))
1725-1750 6.5 準天頂衛星対応高精度多周波マルチGNSS受信機   
小西 覚(マジェランシステムジャパン(株))
1750-1815 6.6 ソフトウェア無線技術の衛星測位への活用     
藤井義巳((株)構造計画研究所)
2017年11月9日(木)
900〜1040 出展社紹介セッション(プレゼン希望社8社)
ジオサーフ株式会社/ゼロシーセブン株式会社/構造計画研究所/株式会社コア/株式会社小泉測機製作所/株式会社ジェノバ/マゼランシステムズジャパン株式会社/VBOX JAPAN株式会社
研究発表会 発表15分、質疑5分、合計20分
午前1050〜1220
研究発表セッションT: SBAS関連 座長:福島荘之介(電子航法研)

1100-1120 OS1-1 DFMC SBASの規格化動向                    坂井丈泰(電子航法研)
1120-1140 OS1-2 準天頂衛星L5S信号によるDFMC SBAS実験           坂井丈泰(電子航法研)
1140-1200 OS1-3 QZSS補強信号を利用した精密単独測位法による航空機の位置推定
     二宮光莉(首都大学東京大学院)
1020-1220 OS1-4 GPS/GNSS観測から得られる電離圏変動データを用いた地震起因の津波即時検知の可能性と課題について                     中村真帆(電子航法研)
午後前半1320
研究発表セッションU : 測位技術 座長:佐田達典(日本大学理工学部)
1320-1340 OS2-1 電子基準点に基づく精密単独測位が備える測位の適正さと専門ユーザ
及びマスユーザの便益について          浅里幸起(衛星測位利用推進センター)
1340-1400 OS2-2 準天頂衛星の併用によるGPS搬送波測位の精度に関する研究  
伊藤 登(日本大学理工学部)
1400-1420 OS2-3 Galileoを用いた衛星測位の精度に関する研究     棟方洸貴(日本大学理工学部)
1440-1500 OS2-4 RTK-GNSS精度予測のための精度指標の評価結果         仲秋喬介(静岡大学)
1500-1520 OS2-5 1周波RTK測位のロボット制御への適用試験        青柳尋斗(茨城工業高専)
1520-1540 OS2-6 アーバンキャニオン環境における衛星測位の品質分析に向けた,観測情報可視化の検討
古川 玲((株)構造計画研究所)
1540-1600 Break
午後後半1600〜1800
研究発表セッションV : 電波干渉+屋内測位 座長:浪江弘宗(防衛大学校)
1600-1620 OS3-1 同期した複数SDRによるGPS信号干渉試験環境の構築     海老沼拓史(中部大学)
1620-1640 OS3-2 1.5GHz帯の携帯電話基地局によるGPS L1への電波干渉の経験と干渉メカニズム
に関する考察                   福島荘之介,齊藤真二(電子航法研)
1640-1700 OS3-3 Wi-Fiおよび端末センサ情報を用いた屋内位置測位法の検討  
田巻櫻子(慶應義塾大学大学院) 
1700-1720 OS3-4 屋内マッピングにおける平面モデリングの為の反射強度特徴による点群合成  
小林珠己(芝浦工大)
1720-1740 OS3-5 全天球カメラ画像を利用したイメージベースドVR空間のネットワーク構築 
澤口学教(芝浦工大)
1740-1800 OS3-6 伝送機能を具備する屋内測位システムにおける音源スピーカの特性への影響 
門倉 丈(神奈川工大)

 

 

ページ上に戻る