シンポジウム プログラム

 

GPS/GNSSシンポジウム2016 2016/10/2527 講演プログラム
開催日時:平成281025日(火)〜 27日(木)
会場:東京海洋大学越中島会館

259001245 
セッションIGNSS動向と衛星測位技術の展望 座長:安田明生(東京海洋大学)
0900-0915 1.1 GNSS展開の現状                                                              安田明生(東京海洋大学)
0915-0940 1.2 CGSIC 2016報告                                                                       穴井誠二(JGPSC)
0940-1005 1.3 GNSS研究動向〜ION-GNSS+ 2016動向紹介〜                     河合正人(古野電気)
1005-1030 1.4 平成27年度特許出願技術動向調査−衛星測位システム− 
                                                                                                         中村説志(特許庁審査第一部計測)
1030-1040 ブレーク
セッションII:準天頂衛星測位システムの現状と動向 座長:浪江宏宗(防衛大学校)
1040-1105 2.1 準天頂衛星システムの整備と利活用状況       守山宏道(宇宙開発戦略推進事務局)
1105-1130 2.2 準天頂衛星測位システムの現状と動向〜地上システムの整備状況〜
                                                                      矢野昌邦(日本電気梶j
1130-1155 2.3 サブメータ級測位補強サービスの紹介                                  漆戸隆志(日本電気梶j
1155-1220 2.4 センチメータ級測位補強サービスの紹介                                  瀧口純一(三菱電機)
1220-1245 2.5 QZSSを利用したSBASサービス                              田代英明(国土交通省航空局)

25日 13301515
セッションIII:パネルディスカッション「GNSS利用社会での勝利への布石〜何処に石を打つ〜
コーディネータ 峰 正弥(SPAC
(全貌)小暮 聡(宇宙開発戦略推進事務局)(測位技術)久保信明(東京海洋大学)
(地上インフラ+運用) 曽我広志(NEC)(衛星システム+運用)福吉清岳(MELCO)
(端末) 松岡 繁(SPAC)(産業)坂下哲也(JIPDEC)

25日午後15151550
ビギナーズセッション(ポスター): 浪江宏宗(防衛大学校)

25日午後後半 1550  
セッションIV:国際動向 座長:小暮 聡宇宙開発戦略推進事務局
1550-1620 4.0 Galileo Exploitation Program                      Dr. Peter Buist (GSA)
アジア・オセアニア地区の衛星測位システムと利用の現状
1620-1655 4.1 BeiDou Navigation Satellite System: A System Update (2015-2016)
      Dr. Jun Shen (Beijing UniStrong Science and Technology Co. Ltd.)
1655-1730 4.2 Journey of  IRNSS to NAVIC: Present, Past and future 
         Dr. Deepak Mishra(ISRO)
1730-1750 4.3 マルチGNSSアジア(MGA)の活動報告                     佐藤一敏(JAXA)
1750-1810 4.4 GNSS.asiaの動向                   角谷陽子(日欧産業協力センター)
251820〜 懇親会
269001215 座長:高橋靖宏(NICT
セッションVIndoor and Seamless 測位 
0900-0925 5.1 可視光通信による測位およびIPIN2016紹介                           牧野秀夫(新潟大学)
0925-0950 5.2 UWBによる測位?IR-UWB 屋内測位システム?                        加川敏規(NICT)
0950-1015 5.3 Wi-Fi測位技術の現状と可能性                                             西尾信彦(立命館大学)
1015-1040 5.4 BLEビーコンによる測位の最新動向について         那須俊宗(マルティスープ(株))
1040-1100 ブレーク
1100-1125 5.5 IMESコンソーシアムの最近の活動                       吉富 進(IMSコンソーシアム)
1125-1150 5.6 Hondaの屋内・屋外シームレスな車両位置管理システムの紹介 
                                                                                                                    澁谷定男(本田技術研究所) 
1150-1215 5.7 物流(倉庫業)における屋内測位データの利用について 
川口公義(兜x士ロジテックホールディングス)

1215-1230 ロボットカーコンテスト2016報告           入江博樹(熊本高等専門学校)

26日午後前半1320~1550
セッションVI:測位応用技術  座長:細井幹広(アイサンテクノロジー)
1320-1345 6.1高精度測位社会を支える位置情報の基盤:電子基準点
                                             辻 宏道、畑中雄樹(国土地理院測地観測センター)
1345-1410 6.2 加速する自動運転市場とダイナミックマップの構築 
                                                                                               土田直之(ダイナミックマップ基盤企画)
1410-1435 6.3 自動走行実証実験                                             佐藤直人(アイサンテクノロジー)
1435-1500 6.4 UAV応用                       鈴木太郎(早稲田大学)
1500-1525 6.5 準天頂衛星を利用したバンコクでのテレマティクス実証実験 飯星 明(HONDA)
1525-1550 6.6 コマツのスマートコンストラクション               高橋純一(コマツ) 
1550-1605 ブレーク
26日午後 1605-1810  座長:坂井丈泰(電子航法研究所)
セッションVII:航法の安全(航法安全技術研究部会企画セッション)
1605-1630 7.1 地上型衛星航法補強システム(GBAS)の安全要求に関する設計と検証 
                                                                                                                福島荘之介(電子航法研究所)
1630-1655 7.2 鉄道分野における衛星測位技術の活用状況             山本春生(鉄道総合技術研究所)
1655-1720 7.3 ITS分野における衛星測位利活用の動向                            前川 誠(日本電気(株))
1720-1745 7.4 測位衛星への干渉・妨害、安全対策                                水野勝成(スカパーJSAT)
1745-1810 7.5 航空機の航法のためのGNSS監視の取組み            麻生貴広(電子航法研究所)

27日午前 9001040  座長:北條晴正(SensorComm
セッションVIIIGNSS受信技術 前半
0900-0925 8.1低コスト受信機と測量級受信機の融合                                       久保信明(東京海洋大)
0925-0950 8.2 最新のNLOS研究                                                                     鈴木太郎(早稲田大学)
0950-1015 8.3 RTKLIB 2.5.0における新機能                                                  高須知二(東京海洋大)
1015-1040 8.4 LSI化に向けたGNSS受信機開発の取り組み                        山本享弘(株式会社コア)
1040-1100 ブレーク
11001240 セッションVIIIGNSS受信技術 後半 座長:松岡 繁(SPAC
1100-1125 8.5 CLAS対応受信機                                                                           曽根久雄(三菱電機)
1125-1150 8.6 MADOCAの開発状況                                                                五百竹義勝(日立造船)
1150-1215 8.7ウエアラブル端末へのGPS応用例                                                寺島真秀(エプソン)
1215-1240 8.8 最新の受信機利用例                     岡本 修(茨城高専)

27日午後1330 研究発表会 講演15分、質疑5分  *学生
セッションI 測位技術 座長:海老沼拓史中部大学)  
1330-1350 OSI-1 BLEを利用した屋内測位                                               水谷智一*(防衛大学校)
1350-1410 OSI-2  Excelを用いたGPS測位計算の演習授業の試み    入江博樹(熊本高等専門学校)
1410-1430 OSI-3  GNSS相関波形の機械学習によるNLOSマルチパス判別手法の検討 
                                                                                                       中野裕介*(早稲田大学天野研究室)
1430-1450 OSI-4 遅延信号による衛星測位欺瞞の実時間監視 
                                                                                               岩本貴司、武輪知明(三菱電機株式会社)
1450-1510 OSI-5 GPSとBeiDouによる統合RTK測位に関する研究      土倉弘子*(東京海洋大学)

1510-1525 Break
セッションII 測位応用 座長:岡本 修(茨城工業高等専門学校)   
1525-1545 OSII-1 屋外移動ロボットのための高精度状態推定システム構築に向けた取り組み 
                                                                                                                            与儀夏実*(神戸大学)
1545-1605 OSII-2 1周波 GNSS受信機 RTKの考古学調査への応用 
                                                                                                      海老沼拓史、渡部展也(中部大学)
1605-1625 OSII-3 6個の低コスト一周波GNSS受信機を用いた小型UAVの高精度姿勢推定 
                                                                                                                     佐々木涼平*(早稲田大学)
1625-1645 OSII-4 ネットワーク型RTK測位の信頼度=位置の絶対正確度の検証実験結果= 
                                       中根勝見、横井貴史、細井幹広、柳澤哲二(アイサンテクノロジー株式会社)
1645-1705 OSII-5 「地図と測位の整合」の産業的重要性 浅里幸起、齋藤雅行(一般財団法人SPAC)

ビギナーズセッション(ポスター)1025日〜27日 開催中掲示
2515151550 説明時間
P-01  Beacon測距による位置推定とマルチパスによる誤差の検証            山手正貴(芝浦工業大学)
P-02  RTKLIBを用いた森林内におけるcm級補強測位             林田 涼 (防衛大学校)
P-03  SNR・仰角マスクの変更によるFix率の改善手法の適用事例                                                    
                                                                                                         柴崎敬大(茨城工業高等専門学校)
P-04  GNSSによる音源位置変化の測定                竹山圭介(芝浦工業大学)
P-05  無線センサネットワークから取得した水質情報の可視化                                                          
                                                                                                  山田宏二(サレジオ工業高等専門学校)
P-06   "A prototype of Low-cost components for a local precision positioning environment with RTK-GNSS"                                    Areeyapinun Tiphat(静岡大学)
P-07  屋内直線通路におけるiBeacon測位の精度検証               赤野光司(芝浦工業大学)
P-08   ドローンに搭載したGPSの位置情報とSfMの精度に関する検討 
                                                                                                                井島拓也(熊本高等専門学校)
P-09   天頂衛星システムを用いた森林内での2周波測位の精度評価              甲斐太陽(防衛大学校)
P-10  慣性航法による屋内タグへの座標値取得             鈴木泰一朗(芝浦工業大学)
P-11  競技者の動作解析システムにおける位置情報の高精度化
                                                                                               新美遥一郎(サレジオ工業高等専門学校)
P-12   UAVによる土木構造物近接目視実現のためのフライトログ判読   野末翔也(芝浦工業大学)
P-13  搬送波位相を用いた二輪車車体姿勢角の推定に関する研究                  太田拓伸(静岡大学)
P-14  定水深浮遊体の位置情報の監視サーバへの伝送手法の検討   甲斐 繁(熊本高等専門学校)

ページ上に戻る