主催 ・ 共催

主催: 測位航法学会

共催: 日本航海学会GPS/GNSS研究会

TOP
プログラム
スケジュール
参加登録 
ロボットカー
コンテスト 
機器展示会
スポンサー
アクセス 
連絡先 
GPS/GNSS シンポジウム 2010 研究発表会 プログラム

講演時間 15 分、質疑 5 分

11 月 6 日(土)

ポスターセッション(展示会場)   1210-1300  
P-1 RTK-GPS 利用高精度ハイブリッド歩行者ナビゲーションの研究 笠原孝浩(電気通信大学人間コミュニケーション学科)
P-2 小型 GPS ロガーを用いた離岸流の計測 島倉貴史 ( 長岡技術科学大学 )
P-3 GPS テレメトリに対応した測位継続判定アルゴリズムの検討 森下功啓(熊本大学大学院自然科学研究科)
P-4 GPS を搭載したロボットバイクの自律走行に関する研究 工藤慶紀(慶應義塾大学)
P-5  歩行者ナビゲーションのための地域情報データベースの構築 鶴本雄太(防衛大学校)
P-6  みちびきの測位利用実証実験 辻賢太郎(防衛大学校)

 

第一会場 (講堂)  13:00-14:20      座長 :小池 義和 (芝浦工業大学)

O-1 小型 GPS-UV 測定装置を用いた学校林の環境緩和効果に関する移動測定   − UV 及び日射遮蔽率の定量化−

鬼頭 由季(芝浦工大)
O-2  都市熱環境計測を目的としたGPS温度計の開発 齊藤郁雄(熊本高等専門学校 建築社会デザイン工学科)
O-3  GLONASS 衛星の精密軌道 陳 ウェンヂン(東京海洋大学大学院)
O-4  2008/6/9 の強い Es の擾乱構造および移動と振幅シンチレーション領域との対応 今井 慧(電気通信大学大学院)

1420-1440  コーヒー・ブレーク

第二会場 (SCS教室)  1300-1420   座長:牧野 秀夫 (新潟大学)
O-5  測位情報を活用したマーケティングスイート 渡邊智一(東京海洋大学大学院)
O-6  歩行者用自律航法のための高精度絶対方位取得法の研究 西田佳史(電気通信大学 情報理工学研究科 総合情報学専攻)
O-7  無線 LAN の電波強度と2次元マーカを併用したシームレス屋内測位手法の提案と評価 服部聖彦(電気通信大学大学院 情報理工学研究科 総合情報学専攻)
O-8  IMESによる屋内外シームレス測位への考察 山田 豊(東京海洋大学大学院)

1420-1440  コーヒー・ブレーク

第一会場 (講堂) 1440-1700  座長:入江博樹 (長岡技術科学大学)
O-9  動物生態調査に適用する GPS 携帯電話について 山森 修(株式会社NTTドコモ)
O-10  マルチ GNSS 測量の実用化に向けて 辻 宏道(国土地理院)
O-11  Namuru-II 受信機による QZS の受信 川嵜洋平(東京海洋大学大学院)
O-12  ソフトウェア受信機による GPS/QZSS 信号の解析 新宮 望(東京海洋大学)
O-13  プログラマブルフロントエンドによる多周波 GNSS 受信機の開発 海老沼拓史(東京大学大学院工学系研究科)
O-14  準天頂衛星を利用した RTK の性能向上について 劉 陽(東京海洋大学大学院)
O-15  高頻度出力 GPS 受信機による地震観測のダイナミック特性 海老沼拓史(東京大学大学院工学系研究科)

 

お断り:講演題目、講演者、講演順は変更されることがあります。


(c) GPS/GNSS Symposium 2009