主催 ・ 共催

主催

測位航法学会

共催

日本航海学会GPS/GNSS研究会

TOP
プログラム
スケジュール
参加登録 
ロボットカー
コンテスト 
機器展示会
スポンサー
アクセス 
連絡先 

GPS/GNSSシンポジウム2009 

  プログラム

   論文著者の方へ ≪論文執筆要項≫

 

1130日

09:40-09:45  会長あいさつ

第一セッション  GPS/GNSS 最新動向と利用推進状況

09:45-12:30  座長:安田明生(東京海洋大学)、宮野智行(都立航空高専)

09:45-10:25 1.1 GNSSs の最新動向  
                 西口 浩(衛星測位システム協議会)

10:25-10:55  1.2 The Historical and Technical views on eLoran
                 Donghui Yu (Catholic University of Pusan)

10:55-11:05  休憩

11:05-11:30  1.3 宇宙基本計画における衛星測位の位置付け
                  佐藤 潤(内閣官房宇宙開発戦略本部事務局)

11:30-11:55  1.4 地理空間情報産学官連携協議会の動向
               
吉田富治(財団法人衛星測位利用推進センター)

11:55-12:20  1.5 衛星測位補強事業推進委員会の動向
               
峰 正弥(日本電気株式会社)

12:20-12:30  質疑応答

 

第二セッション  QZSS の開発と現状

13:30-17:30  座長:福島荘之介、坂井丈泰(電子航法研究所)

13:30-14:00  2.1 準天頂衛星システム (QZSS) の開発状況について
               寺田弘慈(宇宙航空研究開発機構)

14:00-14:30  2.2 準天頂測位衛星初号機( QZS-1 )バスシステム
               石島 義之  ( 宇宙航空研究開発機構 )

14:30-15:00  2.3 IS-QZSS Version 1.1 について
               鶴田尚史(宇宙航空研究開発機構)

15:00-15:30  休憩・ポスターセッション

15:30-16:00  2.4 QZSS の時刻管理系の開発状況
               浜 真一(情報通信研究機構)

16:00-16:30  2.5 QZSS L1-SAIF 信号の概要
                坂井丈泰(電子航法研究所)

16:30-17:00  2.6 QZSS LEX 信号の概要、評価と拡張
                高須知二 ( 東京海洋大学)

17:00-17:30  2.7 準天頂衛星の民間利用実証について
                 松岡 繁(財団法人衛星測位利用推進センター)

 

17:30-18:00  測位航法学会設立総会

18:10-20:10  懇親会

 

12 1

第三セッション シームレス測位/インドア測位

9:30-12:30  座長:浪江弘宗(防衛大学校)、入江博樹(熊本高等専門学校)

09:30-09:50  3.1 インドアハイブリッド測位技術の検討
                中嶋 信生 (電気通信大学)

09:50-10:10  3.2 ドッキングステーションと赤外線通信対応標準 GPS ケータイによる
           屋内外 シームレス測位の実装 − パーソナルナビゲーションの普及に向けて−

                浪江宏宗(防衛省防衛大学校)

10:10-10:30  3.3 IMES ( Indoor Messaging System )の原理と課題及びその解決について
                石井 真(測位衛星技術株式会社)

10:30-10:50  3.4 GPS/IMES の電波干渉評価
                川口貴正(日立製作所)

10:50-11:10 休憩

11:10-11:30  3.5 蛍光灯通信による屋内測位 −受信端末開発と応用方法−
                 牧野秀夫(新潟大学)

11:30-11:50  3.6 ユーザビリティを考慮したインドア環境における GPS 測位について
                 小桐 康博(株式会社 NTT ドコモ)

11:50-12:10  3.7 au ケータイの測位技術と屋内測位の課題
                 柚木克夫( KDDI 研究所)

12:10-12:30  3.8 GPS/GNSS の応用例と屋内ナビゲーション 
                 菊池 新(ナビタイムジャパン)

 

第四セッション GPS/GNSS 応用技術

13:30-15:35  座長:北條晴正、久保信明(東京海洋大学)

13:30-13:55 5.1 人とマシンの協働を支援する4次元時空間情報
                柴崎亮介(東京大学・空間情報科学研究センター)

13:55-14:20 4.2 GNSS ネットワーク型 RTK の実証実験報告
                木元昭則((株)ジェノバ)

14:20-14:45 4.3 羽田空港D滑走路工事における RTK-GPS の利用
                野元義一(五洋建設梶j

14:45-15:10 4.4 無線センサネットワークと位置情報
                戸辺義人(東京電機大学)

15:10-15:35  4.5 GPS の時刻管理と時間周波数分野での応用
                今江理人(産業技術総合研究所)

 

15:35-15:50  休憩 兼 ビギナーズセッション表彰,ロボットカー表彰 

 

第五セッション  GPS/GNSS 受信技術

15:50-17:30  座長:海老沼拓史(東京海洋大学)、劉智星(クラリオン)

15:50-16:15  5.1 弱信号衛星の追尾性能向上技術
                小田真嗣(日本無線株式会社)

16:15-16:40  5.2 Galileo 試験衛星 GIOVE-A/B の実信号に対する測距誤差の評価
                藤田征吾(電子航法研究所)

16:40-17:05   5.3 瞬時測位および高精度測位を実現する BGPS 機能付
              ソフトウェア GPS 受信機 . 
   Ivan Petrovski (iP-Solutions) .

17:05-17:30   5.4 FPGA によるオープンコア GPS 受信機の開発
                 海老沼拓史(東京海洋大学)

 

 

協賛団体
特定非営利活動法人 海上GPS利用推進機構
(社) 日本航空宇宙工業会
(社) 電気学会
特定非営利活動法人 高度測位社会基盤研究フォーラム
(社) 電子情報通信学会
(社) 計測自動制御学会
衛星測位システム協議会
(財) 日本水路協会
(社) 日本舶用工業会
(社) 日本測量協会
(社) 日本マリンエンジニアリング学会
(財)衛星測位利用推進センター(SPAC)

 

 

スポンサー
ポジション株式会社
北海道ジェイ・アール・サイバネット
株式会社
 
エプソントヨコム株式会社
古野電気株式会社
 
NPO法人 海上GPS利用推進機構
Coordinates

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(c) GPS/GNSS Symposium 2009