シンポジウム プログラム

 

GPS/GNSSシンポジウム2018 講演プログラム
開催日時:平成301030日(火)〜 111日(木)
会場:東京海洋大学越中島会館
併催:GPS/GNSS機器展示会・QZSS受信デモ


 

GPS/GNSSシンポジウム2018プログラム

2018年10月30日(火)
09:00〜11:30 チュートリアル「はじめてのGPS」浪江宏宗(防衛大学校) 於:多目的教室
10:00〜11:15 展示企業説明会 細井幹広(アイサンテクノロジー梶j     於:講堂
測位衛星技術梶^褐電製作所/鞄立産機システム/アイサンテクノロジー梶^/潟Rア/VBOX JAPAN梶^轄\造計画研究所/潟wミスフィア/潟jコン・トリンブル/マゼランシステムズジャパン梶^小峰無線電機梶^鰹ャ泉測機製作所/

テーマ講演会
12:30〜13:55 セッションT   QZSS/GNSSの動向        福島荘之介(電子航法研究所)
1230〜1250 1.1 QZSSの将来計画について             吉川和宏(内閣府 準天頂衛星システム戦略室)
1250〜1310 1.2 みちびきの現状                   中川貴雄(日本電気(株) ), 廣川 類(三菱電機(株) )
1310〜1330 1.3 ガリレオのサービス計画              斉藤りか(日欧産業協力センター)
1330〜1355 1.4 BeiDouの現状とサービス計画  Dr. Jun Shen (Satellite Navigation Office, China)
1355〜1405 休憩
14:05〜16:05 セッションU   受信機開発の動向  松岡 繁(衛星測位利用推進センター(SPAC))
1405〜1425 2.1 u-blox F9Pの測位性能評価(第一報)      岡本 修(茨城工業高等専門学校)
1425〜1445 2.2 みちびき補強信号を利用した移動体のGNSS位置精度とその継続性の強化
鈴木佑太朗(マゼランシステムズジャパン梶j
1445〜1505 2.3 準天頂衛星システムCLAS対応受信機 −AQLOC紹介−   曽根久雄(三菱電機梶j
1505〜1525 2.4 コアのみちびきソリューションと今後の展開               高橋 健吾(潟Rア)
1525〜1545 2.5 Trimble Catalyst のご紹介・スマートフォンで高精度GNSS計測を実現!
神崎政之(潟jコン・トリンブル)
1545〜1605 2.6 高精度測位補強サービスへの期待
?MADOCAによる海外展開?  五百竹義勝(グローバル測位サービス(GPAS))
1605〜1615 休憩
16:15〜17:50 セッションV パネルディスカッション 
コーディネータ   峰 正弥(潟\キエ/測位航法学会副会長)
テーマ:         豊かで安心安全が供給出来る未来社会
パネリスト:     IoT利用       坂下哲也(日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC))
   交通機関       浅野 晃(葛梹O製作所)
ウェアラブル端末  林 正明(セイコーエプソン梶j
1800〜 懇親会

10月31日(水)午前
9:30〜11:10 セッションW インドア・シームレス測位 高橋靖宏(電子航法研究所)
0930〜0950 4.1 屋内測位とSociety5.0の最新動向                    河口信夫(名古屋大学)
0950〜1010 4.2 “位置と時刻認証技術iPNT”について        吉冨 進(屋内情報サービス協会)
1010〜1030 4.3 屋内測位のための「パブリックタグ」の標準仕様とガイドラインの概要
村上克明(国土地理院 測地部 測地技術活用推進官)
1030〜1050 4.4 屋内測位技術の動向と最新利活用事例紹介            田端謙一(国際航業梶j
1050〜1110 4.5 ISPRSのインドアベンチマーク                 中川雅史(芝浦工業大学)
1110〜1120 休憩
11:20〜12:30電気学会セッション
次世代産業システム研究会(G空間情報ソリューションを実現する測位技術調査専門委員会)
中川雅史(芝浦工業大学)
G.1 橋梁点検におけるウェアラブルTOFカメラを用いた実時間3Dモデリング
中川 雅史, 野嵜 陸(芝浦工業大学), 野田 康朗, 三代 雅博 (渡辺エンジニアリング)
G.2 LPWAを利用した海中空間情報取得システムの検討
内村 哲也, 吉田 将司 (サレジオ工業高等専門学校)
G.3 準天頂衛星みちびきを用いたL5単独測位          笠原 豪, 浪江 宏宗 (防衛大学校)
G.4 準天頂衛星みちびきを用いたMADOCA測位        佐藤 雅, 浪江 宏宗 (防衛大学校)

10月31日(水)午後前半
13:30〜15:30 セッションX  測位技術応用-1     細井幹広(アイサンテクノロジー梶j
1330〜1350 5.1 ドローンについて                     鵜飼尚弘(渇適空間FC)
1359〜1410 5.2 衛星精密測位とIoT端末開発                永瀬 淳(ソフトバンク梶j
1410〜1430 5.3 GNSS受信機能搭載ボードコンピュータ「SPRESENSE」 
岡田隆宏(ソニーセミコンダクタソリューションズ梶j
1430〜1450 5.4スプーフィングを検知するアレイアンテナ/受信機        橋本 邦彦(古野電気梶j
1450〜1510 5.5 QZSSアンテナの活用事例                     花宮俊彦(小峰無線電機梶j
1510〜1530 5.6 L6アダプタの開発経緯と携帯電話への応用        齋藤雅行, 三神 泉(SPAC)

15:30〜16:10 ビギナーズセッション(ポスターセッション)
P-01点群へのモデルフィッティングにもとづく道路空間上の柱状地物の抽出 森 勇貴(芝浦工業大学)
P-02 BLEビーコンによる屋内測位                   松本隼斗(防衛大学校)
P-03 橋梁点検におけるウェアラブルセンシングの測位性能改善             高橋茂生(芝浦工業大学)
P-04 高精度衛星測位におけるGalileoの特性に関する研究            宇野敬太(日本大学)
P-05 施工現場マッピングにおけるレーザースキャニングの課題抽出      土橋悠歩(芝浦工業大学)
P-06 小型自律走行車の陸上競技への応用に関する研究            西 良介(サレジオ工業高等専門学校)
P-07 迅速な点群取得のための全天球画像SfM/MVS処理            佐々木義基(芝浦工業大学)
P-08 準天頂衛星によるセンチメータ級測位補強サービスに関する実験    永田大輝(日本大学)
P-09 レーザースキャニングおよびSfM/MVSによる鋳鉄・錬鉄混合橋の点群取得
関口慧樹(芝浦工業大学)
P-10 A Framework of a Precision Forecast System for RTK-GNSS   Aastha Sahni(静岡大学)
P-11 任意音響信号に対するGNSSを利用したリアルタイム音源位置推定の可能性
吉田祐弥(芝浦工業大学)
P-12 自律航行における屋内外測位方式有効性判別法の検討     長野 優(サレジオ工業高等専門学校)
P-13 iBeacon測距における安定性の可視化と評価                        吉澤功輝(芝浦工業大学)
P-14 LPWAを利用したセンサネットワークにおける受信システムのGUI化に関する検討
柴田健吾(サレジオ工業高等専門学校)
10月31日(水)午後後半
16:10〜17:50 セッションY 測位技術応用-2   松岡 繁(衛星測位利用推進センター(SPAC))
1610〜1630 6.1 森林3次元測量について                千葉幸弘(潟Aドイン研究所) 
1630〜1650 6.2 避難訓練におけるGPS端末を用いた避難経路の調査 
横田 崇, 倉橋 奨(愛知工業大学)  
1650〜1710 6.3 ICT活用工事の実施状況と効果事例について     藤島 崇(施工技術総合研究所)
1710〜1730 6.4 衛星測位を利用した次世代地すべり検知システム      武石 朗(国際航業梶j   
1730〜1750 6.5汎用センサ技術を活用した災害に繋がる諸事象の観測   堀 道明(雷嵐対策推進機構) 

11月1日(木)午前
9:00~12:45  研究発表会 発表13分 質疑3分 合計16分(会場 セミナー室(3)(4))
900〜1055 研究発表セッションT:GNSSによる高精度測位  座長:佐田達典(日本大学理工学部)
OS1-1 準天頂衛星利用実証全容と最新のGNSS受信機動向
松岡 繁 (衛星測位利用推進センター)
OS1-2 CPRAにおける搬送波位相を利用したハードウェアバイアス較正 
米林健太(首都大学東京 大学院)
OS1-3 GPS/INS 複合航法アルゴリズムの性能検証 およびその効率化(第一報)
大石みちる, 柳原正明(信州大学)
OS1-4 PPPとその他センサを用いた統合測位     八田大典, 久保信明(東京海洋大学)
OS1-5 MADOCAを用いた PPP-AR-DRにおける 3D推測航法の影響
野口聖人(株式会社デンソー)
OS1-6 みちびきのセンチメータ級補強サービス(CLAS)の 動態における測位精度評価
大泉拓也, 岡本 修(茨城工業高等専門学校)
OS1-7 バスロケーションシステムにおける携帯端末の測位性能評価
阿久津愛貴, 岡本 修(茨城工業高等専門学校)
1055〜1105 休憩
1105〜1245 研究発表セッションU:測位応用技術   座長:岡本 修(茨城工業高等専門学校)
OS2-1  USV(無人水上艇)による深浅測量と自動操船技術   細見 巧, 久保信明(東京海洋大学)
OS2-2 4機の準天頂衛星システムを併用したGPSキネマティック測位の精度特性に関する研究
 天野遼太, 佐田達典(日本大学 理工学部)
OS2-3  ネットワーク型RTK を利用した瞬時音源到来方向推定可能なシステムの構築
                                                           山口 慧, 小池義和(芝浦工業大学) OS2-4  室内音源の位置推定のための受信時間差の測定と評価 
門倉 丈, 田中 博(神奈川工科大学大学院)
OS2-5  SfM/MVS による樹木位置および幹周の推定                  入江博樹(熊本高等専門学校)
OS2-6  空中写真を用いた高標高山岳地域における点群取得                中川雅史(芝浦工業大学)

11月1日(木)午後
13:15〜16:00 QZSS活用測位デモ(明治丸前広場)
事前説明会   1315?1430    越中島会館講堂
実機デモ      1440?1600   明治丸前広場
三菱電機株式会社   マゼランシステムズ ジャパン    潟jコン・トリンブル 

潟Rア       鰹ャ泉測機製作所   (一財)衛星測位利用推進センター (SPAC)