メイン画像

多周波マルチGNSS受信モジュール(MJ-2014-GM4)

2018年に本格稼働した準天頂衛星「みちびき」からのL6信号を受信し、高精度単独測位が可能な次世代受信機です。L6信号のCLAS方式とMADOCA方式の双方に対応しており、

RTKに代表される従来の高精度測位に必要であった基準局を利用しなくても、車両や産業機械、農機や建機、ドローン等の自動運転に必要な高精度位置情報を受信機単独で得ること

ができます。

トップへ戻るボタン