一般社団法人 主催:一般社団法人 測位航法学会    共催: 日本航海学会GPS/GNSS研究会

「GPSロボットカーコンテスト2012(第6回大会)報告」 熊本高専八代キャンパス AC科入江博樹

           ロボットカー  
    ★コンテスト結果★

    1位: チーム海洋大   (東京海洋大学 久保研究室)
    2位: 阿蘇不知火2号  (熊本高専熊本C 葉山研究室)


 平成24年10月27日(土曜日)に測位航法学会のGPS/GNSSシンポジウムのイベントの一つとして第6回GPSロボットカーコンテストが開催されました。
製作されたGPSロボットカーは、主センサとしてGPS受信機を搭載し、スタートとストップを除いて人為的な操作をいっさい加えない自律走行する模型自動車です。この大会は、GPS関連の研究者や技術者の相互交流ならびに技術者・研究者の卵である学生達へ衛星測位の基礎技術の修得する機会として行っています。2006年から開催されているこの大会に、熊本高専のチームは、第1回大会から参加しています。今年からは、チェックポイントの数を2つとし、一定時間内に往復する回数を競い合う「ダブルパイロンレース方式」が採用されました。

合計6台のGPSを搭載したロボットカーが東京海洋大学越中島キャンパスに集合しました。高専・大学関係の研究室からは、熊本高専からは八代キャンパスと熊本キャンパスからそれぞれ1台ずつ、東京海洋大学越中島キャンパス、サレジオ高専の4台が走行しました。個人が製作したロボットカーの出場も1台ありました。慶応義塾大学では2輪のロボットバイクを製作中で、今回は参考出品ために会場に展示されました。 

大会の結果は、東京海洋大学の久保研究室の「チーム越中島」が5分間に7往復半を記録し、優勝となりました。2位は、熊本高専熊本キャンパスの葉山研究室の「阿蘇不知火2号」でした。競技の詳細はGPS/GNSSシンポジウム2012のWebページ
(http://www.gnss-pnt.org/gpsgnss2012/robocar.html)をご覧ください。

ロボット7


ルールを2点間の往復と単純化したことで天空の視界が良くなり会場の端でのGPSの精度劣化が少なくなりました。ロボットカーの走行速度が向上し、ロボットの性能向上に面白さが加わりました。また、東京海洋大学越中島キャンパスの明治丸前の芝生広場は手入れが行き届いており、ロボット製作者も観客も気持ちよくロボット観戦を行うことができました。


当日の様子が日本経済新聞電子版(http://www.nikkei.com/)の動画サイトで紹介されています。(2012/10/31 12:00に公開され、約一ヶ月程度は閲覧が可能です。)

 

 

 

左から

阿蘇不知火3号χ(熊本高専八代Cラジコン研究部)

2位:阿蘇不知火2号 (熊本高専熊本C 葉山研究室)

1位:チーム海洋大(東京海洋大学 久保研究室)